FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

かろいちへ(2005/08/31)

今日は、かろいちに行ってきました。

バスで行ったのですが、バス停で
降りたとたん生臭い海の匂いが鼻にきました。
海のすぐ側は涼しいので良いです。
そこからかろいちに向かいました。
後で気付いたのですが、かにっこ館前まで行くバスに乗れば良かったです。

karo05083131.jpg

写真:沖に見えた島

周辺の道にはしっかり歩道があり、側に公園があったりするのに
道路に横断歩道が無いのにはビックリしました。
そりゃあ歩いてる人は自分たち以外にいなかったですが、
歩道や公園まで用意しておいてどういうつもりなんでしょう。
観光客がぶらぶら散歩できるようにすると観光地としてなかなか良くなると思うのですが、
まあこれぞ鳥取なので、ため息を出しつつ受け入れます。


横断歩道のない広い車道を、車が少ないのを幸いに
走って渡ってかろいちに着きました。

karo05083139.jpg

写真:かろいち(今気付いたが駐車場内には横断歩道があるのね、、、)

さすがに、魚が安い。
だいたい500円や1000円の単位で多量に変えます。
一皿千円のを二皿にしてくれるおっちゃんもいて
買いたかったのですが、こんな暑い日にバスで持って帰るのは
不安だったのでやめました。
中にはクール便で送ってくれる配達受付所があるので、
遠くに送るならこれを利用するべきでしょう。
生牡蠣を売っていてその場で食べられるらしかったので、
今度は食べてみたいです。

野菜も売っていてこれも安かったです。
これは買って帰りました。

すぐにお昼だったので中にある食事処でお昼を食べました。
いくつか店があって迷ったのですが、せっかくなので一番高そうだった海陽亭で食べました。
だいたい定食や丼系1200円くらいと中々良い値段です。
中は中心に生簀(いけす)があって涼しげでした。

karo05083132.jpg
karo05083137.jpg
写真:生簀写真:生簀の流れる方には透明なイカが


30食限定の海陽御膳があったのでそれにしました。
友達は海鮮丼を頼んでました。

karo05083135.jpg
karo05083134.jpg
写真:海陽御膳写真:海鮮丼(手前の2品は違う)


写真が手ブレしててあれなんですが、見た通り結構な量があります。
魚介系はさすがに新鮮でおいしい。
しかし、海陽御膳はメニューとしては割かし平凡です。
サラダが切ったキャベツとトマトにドレッシングをかけた洋風で、
デザートがフルーツポンチであるといったように、
料理にセンスを感じられない部分がありました。
粗野で平凡な料理を魚の新鮮さでねじ伏せている感じがします。
でもさすがに素材が良いのでおいしかったです。
050906追記:コメント参照
どうやらこの日だけ違ったのか、
日によって大部中身が変わるとかあるらしいです。
私も煮付け食べたい、、、。
まあ上の食事ではこの評価です。


食事のあとはかにっこ館にいきました。
施設としては小さいのですが、展示はなかなか楽しめました。
シンプルな説明がわかり易く、いろいろなカニの展示やおもしろい展示があって
子供向けに作ってあるものの楽しく見ることができました。

karo05083138.jpg

かにっこ館

結構いろいろと楽しめました。
スポンサーサイト



  1. 2005/08/31(水) 23:04:27|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

大山日帰りツアー(2005/08/30)

今日は、約20人の大所帯で大山に行ってきました。

050830daisen18.jpg
050830daisen16.jpg

写真:大山

雲があって大山も霞んでいるときがあったものの、
日が照り付けないのと山の方だけあって涼しくすごしやすかったです。


まずはミルクの里へ直行しました。
ミルクの里はいろいろな乳製品を売っていて、
側に広い空き地と牧場があります。
ここで食べられるソフトクリームは濃くておいしいです。

しかし、売られている牛乳や水やシュークリームの一部は、
実は下界に降りたところの道の駅などの方が安く売っていたりします。
これらは、多分ミルクの里で作っているわけではないので、
持ってくるコストがかかるために値段が高くなっていると思います。
今日、ここで買った牛乳150円が他で110円で売られているのに
気付き、また一つ大人になってしまいました。
でも、高原で飲む牛乳というのは、40円分の価値があるかもしれません。

前の広場では、フリスピーを楽しみました。
下が草地でこけても大丈夫で、広いところなので、
遊ぶのにはうってつけです。
また下の草がふかふかなので、寝転がっても気持ち良いです。
来る度に倒れこんで寝たくなります。

050830daisen17.jpg
050830daisen15.jpg

写真:ミルクの里


次は、大山寺に向かいました。
前の坂を登っていくのが中々大変です。

050830daisen08.jpg
050830daisen04.jpg
050830daisen09.jpg

写真:大山寺前の長い坂

大山寺は拝観料?が300円かかるのですが、
20人以上の団体だと200円になります。
うちの団体は20人に満たなかったのですが、
見知らぬ中年の人の団体と合体して見事に安く入れました。

後で気付いたのですが、坂を川側にそれると
お金を払わなくても本堂に行けるみたいです。
ただ、お金を払って貰えるパンフレットには入場券を
兼ねたお札が付いてきますし、宝物館も入場できるようになるので
お寺のためにも払って入った方が良いと思います。


近くの川は、川原の石が白っぽくて川幅が大きく見ごたえがあります。

050830daisen07.jpg
050830daisen06.jpg
050830daisen05.jpg

写真:橋の上から川原の風景

川原に下りて上流の方に行くと両側が切り立った岩で段差が
ありそれ以上いけませんでした。

050830daisen13.jpg
050830daisen12.jpg

写真:川の上流

050830daisen10.jpg

写真:この先に橋がある


帰りには高塚かまぼこ店によってかまぼこを買いました。
ここのかまぼこはおいしいです。
近くのまんじゅうの店もおいしいらしいので今度は寄ってみたいです。


また、道の駅で韓国との交流で立てられた建造物があって、
その中に舞台があり、上がれたので遊んでました。

050830daisen03.jpg

写真:舞台上で2人のバカ

楽しく遊べた一日でした。
  1. 2005/08/30(火) 23:19:04|
  2. ラクダの王国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日の過ごし方(2005/08/29)

土・日は家で何もずにだらだらしてた。

やるべきことやらずに先延ばしして、家でだらだらして、
ボーっとした頭でふと空を見たとき
空が綺麗だったら鬱になるなぁ。




写真:青い空
  1. 2005/08/29(月) 23:28:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルピス利用(2005/08/27)

先日書いたようにカルピスを買ってレシピをちょっと試してみた。

まずはカルピスビールを試してみた。



写真:カルピスビール材料

材料はカルピスとビールだけなので気楽に試してみた。
レシピに従って混ぜてみた。

cal050827_0.jpg

写真:カルピスビール完成

で飲んでみたんだけどうむむ、、、微妙でござる。
1+1がしょせん2でしかない感じで、
2つを混ぜたらと想像できる味でしかないかな。
決して不味くはないんだけど。
ビールを注ぐとちゃんと混ざらないのか、
飲んだ時にビール味が強くて下のほうが甘い。
混ぜるわけにもいかないし、どうすれば良かったんだろう?
ビールがちゃんと冷えてなかったせいもあると思うけど微妙でした。


次にカルピスそうめんをしようと思ったけど、
そうめんがないので、そばを使用して、たれをポン酢とカルピスで食べてみる。
この時点で全てが間違ってる気がしないでもないが。

cal050827_1.jpg

写真:カルピスそば完成

むむむ、これはかるぴすビールとは違って独特な味を感じる。
しかし、おいしいかと言われれば微妙でござる。
一応、このたれで全部喰いきれたんだけどなあ、、、。
これも微妙でした。


それにしても普通のカルピスはおいしいなあ。
  1. 2005/08/27(土) 22:41:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

映画「猫の恩返し」(2005/08/26)



映画「猫の恩返し」をテレビで始めて見た。
[映画「猫の恩返し」]の続きを読む
  1. 2005/08/26(金) 22:30:04|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「ロングエンゲージメント」(2005/08/25)



公式ホームページ

[映画「ロングエンゲージメント」]の続きを読む
  1. 2005/08/25(木) 14:47:06|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人の宗教観(2005/08/25)

ローマ法王が何者かは知らねども かたじけなさに涙こぼるる。
ローマ法王が死んでも御陀仏
神の下に召されずに、仏にされてしまったら
さぞ成仏できないでしょうね。あれ?しないのか。
があたりそうだなこりゃ。


それにしてもコンクラーベやってた時、
ニュースとかで"ラー"を伸ばさずにコンクラベって言ってること
が多かったな。
正直、コンクラーベも根比べも、意味的にも似てるし、音も
似てるしどうでもいいやと思ってた日本人が多いにちがいない。
  1. 2005/08/25(木) 10:27:13|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルピス(2005/08/24)

今日は、カルピスタウンをなんとなく見てた。

カルピスカフェにカクテルのレシピがあった
せっかくカクテルシェーカーを持っているので試してみたいな。
他にはクッキングレシピがあった。
カルピスを料理に使うという発想はなかったな。
カルピスそうめんが一番奇抜だと思ったが、味はどうなんだろう。

図書館の「カルピス」の"忘れられないいい話"ってなんかなと
思ったんだけど、読むとふーんって感じ。
他の読み物もちょっとおもしろい。

カルピス研究所主な研究論文のタイトル見ても全然中身がわからん。

他のページもちょこちょこ見てると面白かった。
カルピスっておいしいから好きだ。今度買おうかな。
  1. 2005/08/24(水) 23:06:54|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

鬚剃りレビュー(2005/08/23)

ブラウン 充電・交流両式 BS8785

ヒゲが濃いし、社会人になるのでちょっと高めのシェーバーの
BraunのActivatorのBS8785を買った。

上位機種も出ているらしいが、それなりに安くなっていて
価格.com↓などでも評価が良いこの機種にした。
価格.comアクティベーターX BS8785

自分が感じた利点と欠点をまとめてみると、
◯利点
・よく剃れる(シェーバーとしては最大の利点ですな)。
・肌にやさしい。
・自動洗浄で維持が楽。
◯欠点
・洗浄やシェーバーがややうるさい(欠点という程には気にならないが)。
・持ち運びには不向き。
・維持費がかかる。

シェーバー自体は使ってみると凄く性能が高いと感じた。
カミソリ並に剃れるし、肌自体には凄くやさしい。
3枚刃でしっかりと剃ってくれる。

やや作動時の音は大きいが、使っていてまったく気になっていない。

やはり、鬚剃りは鬚の薄い日本人が開発した製品より、
鬚の濃い外国人が開発した製品の方が良いのだろうか。
実際ネットでシェーバーの評価を見ていても
Braunのような外国ブランドの評価は高い。

BS8785には自動洗浄と充電機能の付いた装置が付いてくる。
この装置はやや大きいし、コンセントに電源コードが届くところでないといけないので
設置場所を選ぶ。
また持ち運びは、その大きさと自動洗浄に使うアルコールのために不向き
(アルコールは装置を傾けるとこぼれるので、
取り外してしっかり蓋をして持ち運ばなければならない)。

充電は電源に付けた装置に挿しておけば勝手にされる。
本体のシェーバー自体にも電源コードを付けて充電
できるので、短期の外出時は本体のシェーバーだけと電源コード
を持ち運べばなんとかできる。
ただ、中、長期の外出にはこのシェーバーは向かないだろう。

自動洗浄機能は良い。メンテナンスというものは大抵、面倒で汚いものであるが、
それを自動でやってくれるのはすばらしく楽だ。
汚れ具合を4段階で自動認識し、それにあった洗浄モードをするところが芸が細かい。

洗浄はアルコールを使用していて毎日気化していくので、
マニュアルでは8週間毎に交換することを推奨している。
そのため、維持費がある程度かかってしまう。


自分が感じたこ製品のコンセプトは家で毎日快適に
使えるシェーバーだと思う。
欠点はあるが、払った対価に見合ったものを得られる大人のシェーバーだと思う。
自分としては、鬚をきっちり剃るという社会人のマナーを守ることができて、
毎日快適に使えるシェーバーはお買い得だった。
  1. 2005/08/23(火) 11:32:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

昔の事件から徒然なるままに妄想(2005/08/22)

ふと、1999年8月14日に神奈川県山北町の玄倉川で起きた、
キャンプ客が13人流されて死んだ事件を思い出した。

1999年 - Wikipedia
http://www2.plala.or.jp/dontak/camp-jiko.htm
20000414学芸大自然史ゼミ配布資料・玄倉川水難事故
河川地形学的視点から見た玄倉川キャンプ水難事故

このときテレビでキャンプ客が流される映像が出てたのではっきりと覚えている。
キャンプ客は上流でダムの放流があることを警告されていたが、
それを無視した結果の出来事だった。

聞きたいものだけを聞き、見たいものだけを見て、
自分だけに通用する世界を作り上げた結果の事だと思う。
イラクで人質となり殺された香田証生さんも同じだが、
脳内で作り上げた楽観的な世界観は現実の世界の前には、
まったく通用しなかった。

香田証生さん人質事件のまとめ
共同通信 - イラク日本人人質

彼らは現実世界からフィードバックを得て、
脳内の世界と現実の世界を同期させることがいかに大切であるか
を物語る反面教師であると思う。

しかし、どちらの事件もいくら自業自得とはいえ、
目の前で死んでいったのはショックであったし、
死んでしまった人達はあわれで悲しい。
特に玄倉川の事件では判断能力のない子供が
巻き添えとなって犠牲になってしまったのは残念だ。


玄倉川の事件をネットで調べているうちに、
風船おじさんの事が目に付いた。
この事は全然知らなかった。

風船おじさん

これって、シュレーディンガーの猫的な状態を生み出したんだなあ。
うまいこと行方不明になったもんだ。
観測者が風船おじさんを観測できないから、
風船おじさんは生きているか死んでいるかわからない状態になれたんだなあ。
本人は相当悲惨に死んだ可能性が高いと思うけど。

シュレーディンガーの猫 - Wikipedia

また、これって現代版"補陀落渡海"だよなぁ。

那智神社
補陀落渡海

そういえば、補陀落渡海といえば、諸星大二郎が「六福神」で描いてたな。
諸星はネタ元を知るとより楽しめる。というか笑える。



  1. 2005/08/22(月) 17:11:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画の嫌な宣伝文句(2005/08/21)

映画の売り文句で、
"感動"、"泣ける"、"超大作"、"勇気"、"愛"、"涙"
等は使わんで欲しいな。
あまりにも使いすぎて言葉が安くなってるとと思う。
"この夏~が送る愛と勇気の感動の超大作"って感じは聞き飽きた。

こんな安っぽい言葉を平気で使って売る配給側は、
売ることしか頭に無く、作品への愛がないと感じる。

"制作費~億円"もやめて欲しい。
制作費はおもしろさに比例しない。
いくらかけても駄作は駄作でしかない。
似たようなので"~出演"、"~賞受賞"もやめて欲しい。
映画は核となるストーリーと表現が大切なのであって
上のような要素は本質ではないし、おもしろさの指標にはならない。

"あの~を越えた"もやめて欲しい。
作品の良さは簡単に同列にしてこっちの方が良いとできるものではない。
比べる元の作品が良い作品なら比べるのは愚公だし、
悪い作品なら比べるまでもない。
大抵、宣伝する作品自体の品位を下げる宣伝にしかならない。

良い作品が作品外の要素によって歪められるのは悲しい。
  1. 2005/08/21(日) 00:10:18|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親と飲み(2005/08/19)

親と一緒にかぶら亭で飲んだ。
おいしい海の幸を肴に酒を飲むのは最高だった。
たらふく喰って飲んで4000円程で済んだのが
意外だった。安い。

昔の話をいろいろしてもらったが、
人生の先輩の半生や生き方というものは大変参考になり興味深い。
親がいくら家族といっても、自分が生まれてからの
家での一面しか知らないわけなので。

母方の亡くなった祖父の話もしてもらったが、
知らなかった一面を知った。
自分は生きている時のやさしい温厚な祖父
しか知らなかったのだが、
やはりそれなりに大変な人生を送って来られたのだなあ。

ただ、自分の記憶力が悪いのと、
大抵昔のことをしゃべっている状況では酒が入っているので、
あまりちゃんと覚えられないのが残念だが。

今までの自分の人生は振り返れば、
石橋を叩いて歩くような人生だったが、
これからの自分の人生はどうなるのだろうかと
思うのであった。
まあ、生きていくことは大変であろう。

今のところの人生目標は
「死ぬまで生きる」であるから、
自分が死ぬ瞬間までせいぜい頑張って生きようと思う。
  1. 2005/08/19(金) 21:48:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漫画「トルコで私も考えた」(2005/08/17)



[漫画「トルコで私も考えた」]の続きを読む
  1. 2005/08/17(水) 23:29:55|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「呪怨」、「THE JUON」(2005/08/16)



[映画「呪怨」、「THE JUON」]の続きを読む
  1. 2005/08/16(火) 20:15:09|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

映画「珈琲時光」(2005/08/15)



映画「珈琲時光」公式ホームページ

[映画「珈琲時光」]の続きを読む
  1. 2005/08/15(月) 22:58:04|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

映画「星になった少年」(2005/08/14)



映画「星になった少年」公式ホームページ

[映画「星になった少年」]の続きを読む
  1. 2005/08/14(日) 16:50:53|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

今日の心霊現象のテレビ番組(2005/08/13)

今日やってたテレビの心霊現象の番組を見たのだが、

まず、子と夫が死んだ人が幽体離脱にあうという話があったが、
そりゃ子と夫が死んだ日には精神的にまいって何か見そうな気がする。
幽体離脱していない子と夫を探すと言うのは、心証そのままではないだろうか。
ただ、鼻の穴から体に戻るというのは興味深かった。
鼻の穴から魂が抜けたり入ったりするという発想は昔からあって、
いろいろな話に出てくるからだ。
最後、霊能力者が言ってたことは、家族を亡くした人に誰もが
かける言葉に思えた。


他には、大きな旧(?)家でおこる発火現象を中心とした心霊現象の話があった。

心霊現象として紹介されていたのが、
家の中で何かが燃える、庭石が部屋においてある、テレビが倒れてくる、
"死ね"などと引っ掻きキズで壁に書かれるなどがあった。

見てると家族の中の誰かがやっている可能性が高いのではと思った。
テレビのこういう番組はあまりにも情報の出され方が
制限されているので単なる主観の感想なのだが。

見てると多分発火の瞬間を見た人はいないのではないかと思う。
火が燃えているのを見たという証言はあったのだが、
いきなり目の前で燃えだしたという証言はなかった。
後者の証言は印象的なので、後者の証言があるなら
そちらを放送するのではないか。

それぞれの現象がどの程度人間に行うのが不可能であるのか
まったくわからないのだが、
まず、外部者としては人為的な原因を疑う。
警察とかに言ってもまずはそれを疑うだろう。

家を燃やしたり、"死ね"と書いたりすることや、
家族が悪意を感じていることから
なんらかの家(家族)に対する強い悪意が存在することは確実だと思う。

また、死んだ親族が家を怨んでいたという認識があることや、
障子紙に証文(怨みの元となりやすいもの)が張ってあったこと(家族が心当たりがないということで
心霊現象として紹介されていたが、
まずまちがいなく人間の仕業だろう。
幽霊が障子にその家の証文を張るのは大変だろう。)などから
この家にはどろどろとした人同士の怨念があることを想像する。

例えば、家の中に心霊現象の実行者がいるとすると結構納得できる。
心霊現象やっているものとしては、家(多分、全ての世界)というシステムを壊したい(家を燃やす)が、
家というシステムで生きているのでそれはできない
(今まで大火にはなっていない。誰かが必ず見付けて大事には至らない)。
実行者以外としても家族のうちの誰かがそんなことをしている
のが表沙汰になると家の体面が崩れるので信じたくない。
そこで心霊現象という説明は家の中で最も納得できる理由となる。

まあ、このテレビ番組ではそんな根拠になることはまったくないのだが、
そういうことは凄くありそうな気がする。

そういうときは、霊能力者は家の元の要因を崩しつつ、
幻の対象を作って対処すればうまくいくというシステムなのかも。


鳥取での怪談もあった。
人の霊の話だったので驚いた。
鳥取ではまだまだ自然が多い。
自然の前では一人の人間などちっぽけなものである。
そういうわけで鳥取ではあまり人の霊が出るという感じが
しなくて現象的な妖怪がいるという感じがする。
大きい存在の前では小さい存在は霞むのである。
それでも、幽霊として出る奴は大した根性があるのであろう。
自分は鳥取で死んだら、大自然に四散しそうなイメージがある。

とこういうことを妄想しつつ夜はふけるのであった。
  1. 2005/08/13(土) 21:14:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兄弟として生まれた宿命(2005/08/12)

ある日、お昼を食べた後にスイカを出された。
で、それを食べている時に突然気付いたのだが、

まず、スイカにかぶりついて口に一杯頬張る。
次に、口の中のスイカから種を弁別して吐き出しつつ、
手でスイカ本体の種をほじくる。
スイカを飲み込んだら上に戻って繰り返す。

という食べ方をしてた。

実家では、兄弟が3人いて、スイカ等の果物は切られてまとめて出された。
それで、実質食べられる量は早い者勝ちで決まった。
そのために編みだしたのが上記のスイカの食べ方だった。

ちなみにりんごや梨等は口に頬張りつつ、手に一つまでキープできた。
2個以上キープすると、兄弟から激しい批判を受けた。

一人暮しをして既に5年程になるのに、
抜け切っていない兄弟の宿命に気付いて愕然とした。

さらに、漫画を読むのも凄く早い。
これは、漫画の新刊を買うと兄弟で回し読みしていたため、
ちょっとでも読み返していると
兄弟から「そこ読んでたやん」と厳しい批判を受けたからだ。
それで、まずさっと読んで概要を掴み、
何度も読み返して漫画を読む手法が身についてしまった。

実家に住んでいる一番下の兄弟に聞いたら、
もうそんなことはしていないと言っていてショックだった。
抜け切れない兄弟のサガがうらめしい。
  1. 2005/08/12(金) 20:36:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「堕天使のパスポート」(2005/08/11)



[映画「堕天使のパスポート」]の続きを読む
  1. 2005/08/11(木) 16:25:24|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

映画「姑獲鳥の夏」(2005/08/10)



映画「姑獲鳥の夏」を見た。

姑獲鳥の夏オフィシャルサイト

[映画「姑獲鳥の夏」]の続きを読む
  1. 2005/08/10(水) 16:22:57|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「茶の味」(2005/08/09)



[映画「茶の味」]の続きを読む
  1. 2005/08/09(火) 19:32:33|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

映画「ブリキの太鼓」(2005/08/08)



3才で成長することを止めて、金切り声でガラスを割ることが出来いつも太鼓
を叩いている少年を軸として、その一族とポーランドの第一次世界大戦
後から第二次世界大戦の終わりまでを描いた作品だと思う。

感性的な作品だと思うのだが、正直よくわからなかった。
自分の前提知識が大幅に足りないせいもあると思う。

主人公の存在は何なんだろう。
サーカスのところで観客でいたいと言っていたので
少年の目で世界を見ていく"観察者"の役割りかと思ったのだが、
途中で人を好きになったり、集会をぶちこわしたりと
観察だけしてるわけじゃないし。
題名にもなっている太鼓は何を表すのだろう。
最後に結局太鼓を捨てて大人になっていくというのは何なんだろう。
象徴的な場面が多いのだが意味が読み取れなかった。
というか、ただ単に感じればいいんだろうか?

この作品で人間は醜く描かれていて強烈な印象を受ける。

戦争に向かって行き、ポーランド派とドイツ派が争うというところは
場所や時代は異なるが「蝶の舌」と同じ感じを受ける。
同じ人達が主義の違いと状況の変化によって次の日から
殺しあうようになってしまうというそんな時代の空気を感じる。
そのようなポーランドの複雑な状況と、
歴史に流されてしまう人々の感じはよくわかる。

とにかく変で強烈な作品ではありました。





  1. 2005/08/08(月) 11:04:38|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

映画「ヴィーナス・ビューテ」(2005/08/07)



エステサロンのヴィーナス・ビューティを舞台にした女性達の恋愛模様を描いたフランス映画。

「アメリ」や「ロングエンゲージメント」のオドレイ・トトゥが出てるので
見たのだが、地味で暗い作品だった。
登場人物達は愛やセックスを求める日常を過ごしながら根底に
どうしようもない暗さを感じさせる。
特に日常に激しい変化があるわけでもなく、割と淡々と話が進んでいく。

フランス人の感覚はまた独特だと思った。

オドレイ・トトゥは端役だった。この人は目が大きくて目立つと思った。
  1. 2005/08/07(日) 10:48:16|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漫画「夕凪の街桜の国」(2005/08/06)



漫画「夕凪の街桜の国」は原爆の被害者の後遺症に焦点を当てて、
原爆の悲惨さを描いたすばらしい作品だと思います。
また、原爆の被害の中での人と人との愛を描き、
未来への希望に繋げているのが良いです。

最初の話では、同じ会社にかよう2人の愛を通して、
原爆によって被爆者が受けた傷を描いていると思います。
また、次からの話では、主人公から見た父と母の愛の話を
通して、原爆の後遺症により世代をこえて伝わる傷を描いていると思います。
その傷はあまりにも悲しいです。
そして、悲惨さだけではなく、その中で伝わっていく愛
が描かれていると思います。

テレビで、原爆被爆者と原爆を開発した科学者が話し合ってるのを見ました。
科学者の方は、我々は真珠湾攻撃を受けたんだとか、
真珠湾攻撃でたくさんの友人が死んだんだとか、
悪いのは政府だから文句は政府に言いなさいとか
謝罪する気はないということを言っていました。

「夕凪の街桜の国」の中で
"嬉しい?

十年経ったけど
原爆を落とした人はわたしを見て
「やった!またひとり殺せた」
とちゃんと思うてくれとる?"
という台詞が出てきますが、
彼は日本人の男も女も子供も何十万人も殺して、
満足したのでしょうか。
[漫画「夕凪の街桜の国」]の続きを読む
  1. 2005/08/06(土) 22:31:04|
  2. 本感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植物の自動給水(2005/08/05)

植物を育ててたら、旅行等で長期的に家にいないときに水やりに困る。
もう少しでお盆で家にいなくなるので自動給水方法で悩んでいる。

調べてみると、自動給水の方法としては、
1. 鉢を水につけておく。
2. ペットボトルの蓋に穴をあけるか、
市販の専用の蓋をつけて地面に挿しておく。
3. 水を貯めているところから毛細現象利用して水をやる。
4. タイマー付きの自動水やり器を利用する。
などがあるらしい。

それぞれの方法を検討してみると。

方法1
◯利点:
水が大量に貯めることができると長期期間に対応できるし、
確実に水分を植物に与えることができる。
◯欠点:
床面積が鉢より広く水を貯められる容器がないといけない。
最も適しているのは風呂釜になるだろう。
その場合は日当たりがなくなってしまう。
風呂釜の場合は後始末も大変そう。

方法2
◯利点
手軽で、安くできる。
◯欠点
ペットボトル分しか水をやれない。
水が確実に一定時間で一定量でるとは限らない。

方法3
◯利点
水を多量に貯められさえすれば長期間に対応できる。
◯欠点
どの程度の媒体を使えばどの程度水をやれるかが不明。

方法4
◯利点
4つの方法で一番ロバストな方法。
水道を利用するシステムだと確実に長期間で、
一定量の水を与え続けることができる。
◯欠点
最低6000円程からと設置費用がかかる。

とりあえず方法4はとても費用に見合った分を取り戻せる程
使う予定もないので、検討から外す。

方法2は自分で穴を開けて作ると出す水の調節に手間取る
と思ったので、ある程度一定量の給水ができるかと思って、
市販品の蓋を買ってみた。
買ったのは「自動給水 おまかせ君」。

omakase.jpeg

図:自動給水 おまかせ君

しかし、これを1.5リットルのペットボトルを使ったところ
一晩で1リットル以上水が減ってしまったので全然駄目だった。
逆さにしたとたん水がポタポタ垂れ出すのであっという間に
水がなくなってしまう。

方法3は、下の市販品を買ってためしてみた。
【楽天市場】鉢植え用 自動給水パック:ブルーミングスケープ
一応水はやれているようなのだが、鉢が大きいせいか
水を送る量が少なく、植物がしおれてしまった。


しかし結局、そうこう考えているうちに帰ることになってしまったので
最終手段で人にお願いする。一番確実ではありますな。
いろいろ考えたり用意したりしたのが全部無駄。トホホ、、、
  1. 2005/08/05(金) 16:33:54|
  2. 植物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

飲んだ(2005/08/04)

本日は市内に新しくできた沖縄系の食べ物や飲み物をだす飲み屋の
「沖縄すたいる・ちゅらちゅら」に行ってきた。

マップ
住所: 鳥取市末広温泉町756
電話番号: 0857-21-1118
営業時間: 17:00~翌1:30(OS1:00)

店の中は酒が置きまくってある。
お座敷が1つあって6人X2ほど座れるようなので、集まって
飲むときにはいいかも。

あんまり飲み屋に飲みに行かないし、
予約しないとコース(3000円~)ができないそうなので料金におびえる。
だいたい一人3500円払って酔えてお腹もふくれたので良かったが、
お金が気になる小心者の自分が悲しい。
そして、酔ってくるとどうでもよくなっていく自分が馬鹿だ。

ビールを一杯飲んだ後、泡盛に移行するとすぐ酔った。
度数は30度程度なのだが、一杯でかなり酔った。
良いアルコールのせいなのかわからないが、
すぐ酔って、ほとんど後に残らなかった。

そういえば、泡盛についてあんまり知らないので
解説ページを捜してみた。
解説「泡盛とは」
泡盛とは?
はてなダイアリー - 泡盛とは

料理はまあまあおいしかった。
ゴーヤチャンプルがうちで作るよりおいしかった。何かコツがあるのだろうか。

サータアンダギーだけお持ち帰りできるそうで、友達がしていた。

楽しく飲めて良かった。
  1. 2005/08/04(木) 00:08:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラックバックスパム(2005/08/03)

うちのblogにいくつかトラックバックが来ているが一体何なんだろう。

広告やらは論外なのだが、最近の映画の感想とかに
トラックバックを送られてくる。
トラックバック先を見ると、同じ映画の感想の
記事に手当たり次第トラックバックを送っているようだ。
トラックバックを送られたところが、
トラックバックを送り返しているのでそれがわかった。

本来トラックバックの機能は自分が相手に記事内で、
リンクを張ったことを相手に通知するものだが、
送り先を見ると特にここのblogの記事に対するリンクが
あるわけでもないし、内容についてふれられているわけでもない。

このトラックバックの行為には意味を感じない。
トラックバックはあまりに多量に同じ映画の感想に送っており、
そもそも全部見ているわけではないだろう。
そして、見ていたとしても記事に対する意見がないと、
トラックバックの意味はないだろう。

このトラックバックはほとんどトラックバックスパムであると考える。
明確に無関係とは言い切れないのでグレーゾーン的な位置付けの
トラックバックスパムだろう。

トラックバックスパムとは 【trackback spam】 意味・解説 : IT用語辞典

だが、私は同じ映画の感想を書いただけで、中身にふれていなければ
それは記事同士が無関係といえると思う。
読者に感想の比較をさせたいなら、それを明記していないと意味が無い。
うちは無名のサイトだが、
キーワードを検出し、手当たり次第にトラックバックを送ることでできる
機械的にできる無機質な行為で
自分のblogに誘導するという行為であると思う。

とりあえず今は、このblogの記事に関係するトラックバックが
くるとも思えないし、訪問者が他のblogに誘導されても
かまわなくてそれほど害もないのでほっておくが、
このトラックバック行為は相手先の個人というものをまったく無視
した行為であるのでまったく好きではない。 [トラックバックスパム]の続きを読む
  1. 2005/08/03(水) 23:44:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セミの幼虫(2005/08/02)



写真:手に乗せてみる

友達が生きてるセミの幼虫を持ってきた。
久しぶりに見た。

050802semi3.jpg
050802seni2.jpg

写真:ハバネロ登頂中

ハバネロに登らして羽化さしてやろうと思ったのだが、
葉っぱの方にいってしまいずり落ちてしまった。
それにしても葉っぱを破くくらい爪がするどい。
手に乗せるとチクチクする。

050802semi4..jpg

写真:木へ

しょうがないので、外の木に移動してあげた。
がんばって生きろよ。
  1. 2005/08/02(火) 23:48:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現在の日本人について思うこと(2005/08/02)

現在の日本人は自身を喪失している状態で、
自分の位置付けを低く思っていると考えています。
それを世の中の出来事で見ていきたいって考えたいと思います。


○嫌韓(中)
最近、ネットワーク上で韓(中)国を誹謗中傷したり、
根拠の無い批判をしたりというのを良く見ます。つまり、相手を蔑む行為です。
私も韓(中)国に思うところがあるのですが、
事実に基づく批判以上のことは良く思っていません。

猫と考えようのページの
なぜ他人を馬鹿にしたがるのかに凄く共感するのですが、
他人を馬鹿にするのは、相手を貶めて自分の位置を相対的に高めるという行為だと思います。
自分に自身があれば、無闇に相手にせず、
事実による批判だけをすれば良いからです。

つまり、自分の位置が低いと思っているがために、
貶めて自分を高められる(と思い込んだ)相手を求める
ということをしているのだと考えています。


○自分探し
よく世間で言われる言葉ではないでしょうか。

これは、理想の自分が本当はあって、それを見つけるための行為を意味すると思います。
つまり、自分には知らない自分がいて、それを見つけるために
旅などをするというものだと考えています。
そして、その自分が知らない自分は大抵今の自分より良い自分です。
今の自分より悪い自分を探してもしょうがないからです。

しかし、旅程度で良い自分になれるのなら、
それは旅をする前からそうなのであるか、
旅をすることが理想の自分に近づくための努力だっただけでしょう。
そして、明確な理想をもって、努力してそれに近づいて行くことを自分探しとは言わないでしょう。

理想の自分とは見つかるものではなく近づくものです。
明確な理想の自分になるという目標を持ち、
努力しなければ、理想の自分になどなれようはずがありません。

この思想の根本には、今の自分に満足できないという感情があると思います。
また、明確な目標が無くて、理想の自分が実はあるんだという幻想だけがあるというのは、
明確な目標を設定できないからだと思います。


○セレブ
最近はテレビなどで普通になってしまった言葉ですね。

成功者というのは世間でほんの一握りしかなれません。
大多数の人は成功者になるチャンスや能力がありません。
この言葉がはやるというのは、自分の現状に満足できなくて、
セレブという理想の人物になることを求める人が多いからだと思います。

また、セレブが金持ちは良いという短絡的な価値観の上に成り立っている
ことも興味深いです。


○勝ち組・負け組
これも良く言われている言葉です。

勝ち組と思っている人、勝ち組に成りたい人は、なぜ他人を馬鹿にしたがるのかと同じく
相手の位置付けを下げて、相対的に自分の位置付けを高くする
という行為をしていると思います。
自分に絶対的な自信がないためにそういうことをするのは、
嫌韓(中)の人と同じ構造だと思います。

また、結婚していない女性を負け組と称することも、
アンチ結婚な価値観で結婚していない方が
自由にできるということから未婚を肯定し、
そうでないものを見下すという構造が変わりません。

これも金持ちが良い、とか結婚することは良いという
短絡的な思考の上に成り立っていることが興味深いです。
こういう、自分を上、相手を下に決める行為は自分に
絶対的な自信がないせいだと思います。


○電車男、冬ソナ、セカチュー
「電車男」や「冬のソナタ」、「世界の中心で愛を叫ぶ」がはやりました。
これらの作品に共通するのは、虚構の世界での話ということが
上げられると思います。

良い映画とは、現実にも通じる法則を見出せる作品だと思います。
その点、この作品はあまりにも現実と違い、
見る者は羨望し憧れるのみです。

憧れというものは、自分の今の位置付けに不満を持つからこそ持つものです。


これらの現象は日本人が自身の喪失しているために起きたことだと思います。
元には狭く頑強で相対的な価値観(村社会)の喪失があると考えています。

また、精神的な活動は保証され、情報が多量に得られる
現代は絶対的な価値観を得にくくなっています。
全ての価値観が相対化されてしまいます。

しかし、人間は何かを信じなければ生きられません。
信念を持ち、それに基づいて価値観を決めないといけません。
それができずに迷走しているのが今の日本ではないでしょうか。

絶対的な価値観がないために、多数(みんな)の信じること(はやり)が
価値観となっている気がします。

また、多量に情報があり取捨選択しなければなりません。
それができないと見たいものを見、聞きたいことを聞くしかできなくなります。
そして、それは、明らかに誤った価値観しか形成しません。

今の日本は、自信を得たいという願望が強いあまり、
戦前・戦中のナショナリズムや大昔の日本に羨望し、
安直な価値観を得ているような気がしてなりません。
信じられないが、本当だ
を見たり戦争について調べていて思うのですが、
戦争自体は滑稽で笑えて悲しくなるしろものでしかありません。
安直な間違った価値観が大多数の意見となった時、戦争は起こります。
そうならないことを望みます。

以上は私の妄想でした。ここまでお付き合いしてくれた方
はありがとうございます。
  1. 2005/08/02(火) 16:54:47|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

血液型による性格判断(2005/08/02)

血液型による性格判断について調べてみました。

ここで、血液型はABO血液型です。

◯血液型で性格が判断できることを肯定するサイトとしては、以下を見ました。
http://www10.ocn.ne.jp/~kanam/index.html
ABOFAN

◯血液型で性格が判断できることを否定するサイトとしては、以下を見ました。
血液型-性格関連説について
ABOFANへの手紙
血液型性格判断ってまじめに研究されているの?

この肯定派と否定派の論争は興味深かったです。
個人的な感想としては、肯定派が明確なことを示していないので、
反証もできないし、お金や時間をかけて真面目に反証することも
馬鹿らしいというところでしょう。
ただ、血液型で性格診断をできると妄信してしまって、
会社で血液型で採用をするとか、差別につながるとか
いった害があるので、反対派がいるといった感じでしょうか。

しかし、特にABOFANABOFANへの手紙を読んで思ったのですが、
何が科学で何が科学じゃないか、
学問とは何なのか、主観から逃れられない人間の客観性は
どうするべきかといったことはとても奥が深く、
自分はまったくわかっていないということがわかりました。
研究をしているときに当り前だと思っていたことは、
実はとても奥が深く、哲学的なところがあるということを実感しました。

哲学的な何か、あと科学とかを読んでいても思っていたのですが、
実際に血液型の論争をみて良くわかりました。
上のサイトは、科学や哲学についてが非常にわかりやすいし、
読みものとしてもおもしろいです。
  1. 2005/08/02(火) 14:25:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する