FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

ゴジラ対メカゴジラ(1974)迷言集(2004/01/31)



○スペースチタニウム、、、じゃあ宇宙金属ってわけですね
←偉い博士との頭の良さそうな会話

○大宇宙ブラックホール第三惑星の地球征服司令官
←ある星の公務員の役職名

○やぁ恋を語るにはふさわしい夜ですな はっはっはっはっはっ
←通りすがりを装ったインターポールのおっさんの言葉

○誰だ、、、、、、宇宙人か?
←実際に聞いたら逃げ出したくなる言葉

○アルファ、ケンタウロス
←地球を侵略しにやってきた宇宙人が使う合言葉

○ようし手始めにキングシーサーを倒せ
←起動していないメカゴジラに対して

○しかし我々を甘く見ちゃいけませんな
←インターポールに見張られて、たった2人に壊滅させられた
宇宙人の親玉の台詞

○メカゴジラ!!眠ってるうちにキングシーサーを倒せ
○メカゴジラ!!早く片付けろ
○メカゴジラ!!徹底的にやっつけるんだぞ
○その調子だ!!
○どうしたメカゴジラ!!
←ロボットに語りかける侵略者の言葉
スポンサーサイト



  1. 2004/01/31(土) 00:09:24|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「陰陽師」(2004/01/19)



前に映画「陰陽師2」の宣伝をやっていたが、どうなったのかな。
「陰陽師」は漫画を読んでいて、漫画版に関してはファンだけど、
映画版は原作(小説、漫画?)を改悪した出来で、やっぱり日本映画ってこの程度と思わせられた。
背景のハリボテの岩とか学芸会レベルだったし。

でも、この作品が好き。なぜならこの映画には潤いがある。
この映画の一滴の清涼剤、それは式神の鳥!!
アニマトロニクス何それといった、セサミストリートにでも出てきそうな風体の鳥!!
首が回るとき(旧)メカゴジラ見たいに首がギリギリと回るさまは素敵!!
こいつが出てきただけで周りを異時限空間にしてしまっておもしろすぎ。
こいつがやられるとき返し矢にあって、火まみれになりギャアギャア騒いでいる様で、ぷぷぷぷぷと笑える。

あと敵役も笑える。洞窟が焼けてコントみたいに焼け出されてくる。
敵役の親玉が昇天(文字通り)する時も、あなたが必要だから戻ってきてくれと泣きつくのに、
昇天したとたん、へっあんな奴いらねえよ、っていきがるのがいい。

なんかほのぼのする映画。
  1. 2004/01/19(月) 23:06:07|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「模倣犯」(2004/01/19)



小説「模倣犯」は読んで知ったけど、映画版は最近まで見てなかった。
中居君が主役ということからしてキワモノだと思ってたが、
去年の年末にテレビでやったので見ることができた。

驚いた。だってカット割がすごいもん。
脈絡無く場面のカットが繋ぎ合わされていて意味がわからん。
原作を知らない友達と見ていたが、見てる間に自分が内容を解説してたし。
途中で寝そうになった。

そもそも話の構成も変。小説そのままやったら時間たらんのだから
前半被害者視点、後半犯人視点の構成やめたらいいのに無理やりやっててますますわからん。
原作があんなんだからせいぜいサスペンスっていう感じになるんだろうな、
と思っていたら全然甘かった。

おまけに夜空が映ると流れ星が流れまくりだし。獅子座流星群?

こんな映画を世にだせた日本は偉大という映画。

  1. 2004/01/19(月) 17:04:12|
  2. 映像作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

12 | 2004/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する