FC2ブログ

水雲風

とりあえず人生を記録と妄想の吐き出しの地

「ダイビングアクション」(2005/12/12)



「ダイビングアクション」は500円で売られていたPCゲームです。
発売時期は大分前で、対応はwindows95と漢字Talk7.Xとなってます。

ゲーム自体は単純で、プレイヤーがキャラクターを操って
下へと足場を伝いつつ降りていくだけです。
そして、どれだけ下まで行けたかのハイスコアを競います。

上からは刺付きの天井が降りてきて触るとゲームオーバーです。
下に落ちて画面外に出てしまってもアウトです。
アイテムは2種類、足場は5種類というシンプルさです。

でも、シンプルなのに奥が深くてついついやりこんでしまいます。
そして、この「ダイビングアクション」は(ほぼ無意味な)設定も素晴らしいです。
amazonのようなところでは、
一人の探検家が、地球最後の資源を発掘するため地底に旅に出る縦スクロールアクションゲーム。

というように紹介されています。

しかし、「ダイビングアクション」の説明書には
石油資源の枯渇した今日、一人の探検家が地底に眠るといわれる、地球最後の資源”マグネランス”を発掘するために地底に旅立った。驚くべきことに地下で彼を待ち受けていたのは、超古代文明に作られた構造物(縦穴)だった!しかしそのとき何かスイッチの入る音がしたかと思うと、天井が彼に迫って来るではないか!!侵入者を探知したシステムが、永い眠りから覚めたのであった・・・。

とあります。

つまり、壮大な背景を背負って旅立った探検家が単に罠にはまったというだけのストーリーです。
落ちていっても資源がある保証は何もありません。
この絶望的な設定が良いです。
よく世間では、努力すればなんとかなるということが言われますが、
そんなのは嘘です。世界はもっと残酷です。
(注:ただいま酔ってこの文章を書いています。)
このゲームは生きていくという虚しさを良く表していると思います。
そして、そう思えば悲壮感と刹那に生きる力が漂うBGMが良い味を出しています。
また、落ちる速度が加速していって、困難な足場しか出てこなくなっていき
必ず底に辿りつけない(単なるヘタレかもしれませんが)システムは、
今ありがちな空想的軟弱な世界を否定し世間の厳しさを表現しているように思います。


と思っていたのですが、実は「ジャンピングアクション」という続編が
あって、探検家はどうやら資源は見つけることができたようです。
現実に押しつぶされずに理想を夢見るということも時には必要ですね。

スポンサーサイト



  1. 2005/12/12(月) 13:09:34|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TrueCombatで人間タワー(2005/09/17)

TrueCombatは無料で提供されているネットワーク対戦型リアル系FPSです。
参考:FrontPage : TrueCombat:Japan
プレイヤーは一人称視点で、2つのチームに分かれ銃器で撃ちあって攻めたり守ったりします。
無料な上に完成度が高いので結構遊んでます。

今日たまたま、人が多そうなサーバにいったら、
武器がナイフしか使えないサーバでした。
おまけに凄い広くて高低差があるマップでした。

最初はマップのものめずらしさで面白かったのですが、
武器がナイフだけなので行動パターンに限りがあり
だんだん飽きてしまいました。

それでマップをうろうろしてたら人間タワーができてました。




このゲーム、人の上には乗れても
滑っていってすぐ落ちてしまうというシステムになっているので、
普通人間タワーなんかできません。
しかし、階段で滑っていく体を無理やり止めて人間タワーを作っていました。
階段の上から次々と人が飛び降りてタワーを高くしようとしてました。

おまけに、敵味方が殺し合いするゲームなのに、
敵も味方も殺し合いをやめてタワー作りに熱中してました。

制限された中で新しい遊びを発見する人間に感心して、
思わずスクリーンショットを撮ってしまいました。
人間っておもしろいなあ。
  1. 2005/09/17(土) 22:34:21|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近おもしろかったゲーム「洞窟物語」(2005/07/08)

最近「洞窟物語」という2Dのアクションゲーム(windows用フリーゲーム)がおもしろかった。
絵は単純だけど、ゲーム性とバランスがしっかりしている。
ストーリーは単純で、音楽は画面に合っていて良い。

自分はアクションは得意では無いが、何回かやっていると自分の腕が上達していくのがわかる。
久しぶりにゲームの楽しさを思い出した。

開発室Pixel : 開発元&ダウンロード
大泣きWWW : マック版
EasyOrahoo : 攻略サイト(一回クリアするまで見ない方がいいかも)


pc98でやってたBio100%のろりろりろーりんぐとかsuper depthとかを思い出した。

ろりろりろーりんぐ : ソース
super depth : vector


ゲームに飽きるのって全体を把握してしまった時で、
脳のニューロンがゲーム中のパターンをほとんど認識してしまった時、
得られる情報量が少なすぎる時(クソゲーだとやってもやっても進まない時とか)だと思う。
個人的には飽きないか、ある期間に大量の情報を得られるのが良いゲームだと思う。
良いゲームに出会って人生を無駄に過ごしたい。 [最近おもしろかったゲーム「洞窟物語」]の続きを読む
  1. 2005/07/08(金) 16:39:44|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メタルギアソリッド3(2005/07/01)

友達のうちで久しぶりにゲームをした。
やったのはメタルギアソリッド3[参考リンク1]
ジャンルは特殊部隊の潜入ものとでも言うのだろうか。
主人公のスネークを操って、ミッションをクリアしていく。

メタルギアソリッド[参考リンク2]はやったことがあった。
メタルギアソリッドは、ユニークでおもしろかった。
いきなりゲーム中で「パッケージの裏を見ろ」とか
言われて、えっそんなアイテム無いよと思って捜し回ったら、
実はゲームのCDのパッケージ裏に書いてあってびっくりしたりした。
また、ブラックアウトとかいう技を使ってくる敵がいて、
それをされると画面が真っ暗になり、画面にヒデオと出てくる。
それをビデオだと思ってしまうと、ビデオ信号が切れたとか思ってあせる。
実はほっとくと元の画面に戻るというプレイヤーへの心理攻撃だったりする。
他には、心を読めるという設定の敵がいて攻撃があたらないが、
2番目のコントローラーを使うと心が読めなくて敵に攻撃が
当たるというようなのがあった。
メタルギアソリッドは今まで自分が考えていたゲームの常識を
こえることをするゲームだった。

メタルギアソリッド3は、友達が全然進めていなかったそうで、
みんなで酒を飲んでいるときにやろうということになった。
最初のムービーによるとゲームの設定は冷戦下で、
スネークはCIAのエージェントになるらしい。
最初のミッションはジャングルにいるソ連側の科学者のおっさん
をこっそり拉致すれば良いらしい。

しかし、しょっぱなから潜入なんて言葉は忘れ去られ、
敵を殴って蹴っては逃げていくランボーもどきのゲームになってしまう。
ひたすら全ての敵に見付かりながら逃げていく。
途中で水浴びをしているワニとたわむれたり、
沼で溺れ死んだり、
木の実を落として敵がおやっ?と木の実が落ちたところを
確認しに行ってる目の前に踊り出て麻酔銃を零距離で
打ち込んだり(気をそらした意味ねー)。

途中橋がかかってて図1の状態になった。

hasi.jpeg

図1:敵に気付いて橋の端にぶら下がって避けようとするスネーク

友達が「おいおい見付かっちゃうよ」と後ろから言ってるが、
天誅[参考リンク3]ではこれで避けられるという根拠の無い自身でそのまま進む。

で、やっぱ、敵に気付かれた(笑)
橋の上から撃たれまくるスネーク。
おおあわてで橋によじのぼり敵をブン殴って一目散に逃げ出した。

そんな珍道中を経てやっと科学者のおっさんがいる廃虚に到着。
ここら辺でナイフを使うことを覚えて監視兵を全員刺殺。
麻酔銃で寝ちゃった敵もしゃがんでサクサク刺殺。

それから、おっさんを助けるムービーが始まった。
おっさんが廃虚を脱出するとき波動拳を撃とうとしていたのが
印象的だった。
スネークはムービーになると別人みたいに強くなってる。
このままゲーム全部ムービーにしてくれよと思う。
でも顔が黒塗りなのが間抜け。

そんなこんなでおっさんを助けて橋まで戻ると、
上司?がいきなり裏切ってきた。
ムービーが始まり、腕を折られて橋から落とされるスネーク。
さっき橋から落ちたらゲームオーバーだったじゃないかと
理不尽に思ってしまう自分。

それでストーリーが進んでいって、ヘリから無反動核ランチャー
をぶっぱなす敵にびっくりした。
無反動核ランチャーってのも凄いけど、実際に核を大砲で
発射する構想はあったわけだし、ソ連では廃棄物捨てる
のとか貯水のために穴ほるので核使ってるくらいだし
とか実際にあったことのほうが凄まじいのでインパクトが薄いかな。
でも核爆発したら電子機器がパアになってヘリが
落ちないのかなとか考えてた。

そこら辺からめんどくさくなってムービーを飛ばすわ、
無線の話を聞かないわでゲームを進めて行った。
もう、自分がどこから来て、何をしなければいけなくて、
どこに行くのかわからなくなった。

後半はスネークが腹を減らしたらしく、グーグーいう腹の音が響いていた。
最後は、崖をはさんで変態ガンマンスペッツナズとの対決に
なったんでけど、戦闘の最中に兎を見付けて猟をしだすスネーク。
やっと食べるということが出来ることを知った。
さらに始めてマニュアルを見て梯子を登れることを知った。
結局この敵には勝てずにゲームを終了した。

こんなCIAエージェントは嫌だ。













参考リンク1参考リンク2参考リンク3







  1. 2005/07/01(金) 23:06:58|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

おげれつ脱脂綿

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する